日本タイマッサージ協会会長、日本ルースィーダットン協会会長、太極治療院院長、体流法武術協会会長、武術と健康法の祭典実行委員長 大槻一博

日本タイマッサージ協会提携・日本ルースィーダットン協会直営スクール ルーシーダットンスクール・オブ・ジャパン
資料のご請求 受講のお申し込み アクセス お問い合せ

日本ルースィーダットン協会会長: 大槻一博

 

日本タイマッサージ協会会長、日本ルースィーダットン協会会長、太極治療院院長、
体流法武術協会会長、武術と健康法の祭典実行委員長
大槻一博

1952年1月29日 東京生まれ。
学生時代から武道に関心を持ち、日本総武道連合会にて合気道・古流拳法・杖道・居合道・手裏剣術等の日本武道を修行し、多くの大会で好成績(第1回学生合気道選手権大会優勝、第13回全日本合気道選手権大会優勝)をあげる。
また、中国武術の実践試合に参加し、第4回中華国術ハワイ世界大会第四位、台湾の高雄で「中正杯中華国術国際武術大会」に参加し優勝する。
東京の宗教心理学研究所とサンフランシスコの研究所にて、超能力についての科学的実験を行うとともに、古代文明探求のためメキシコ・グァテマラ・ペルー・ボリビア等の中南米をはじめ、エジプト・イスラエル・インド・パキスタン・中国・スリランカ・タイ・カンボジアの遺跡を歴訪する。
台湾に渡り、謝辛庚老師と江肇熈老師に拝師し、中国武術(天山派拳法・太極拳・八卦掌)・気功法・中国鍼灸・接骨法等を学び、日本にて天山派拳法を継承する。又、李徳印老師より太極拳、李乗慈老師より太極剣、杜進老師より陳式太極拳、李士信老師より長拳、蘇東成老師より形意拳・八卦掌を学び、今までに学んだ武道をまとめ、健康武道「体流法」を創流。1987年、蘇東成老師と協力し散打交流協会を設立し、中国武術の実践試合「散打交流大会」を開催する。
1981年東洋鍼灸専門学校を卒業し、あん摩・指圧・マッサージ師、はり師、きゅう師の国家資格を取得後、カイロプラクティック・整体学などを学び東京武蔵小山にて「太極治療院」を開業。

日本ルースィーダットン協会会長大槻一博&スタッフブログ

2007年
ルーシーダットン・パーフェクトBOOK」とDVDを出版。
2006年4月

ソンペット・コンウェッート師、スワン師、アピンヤ・タブキン女史から新たなルースィーダットンを195種類学び、ルースィー・アヌソン・クハカン師より呼吸法・瞑想法・体内エネルギー調整法などの指導を受け、今まで学んだ322種類のルースィーダットンを整理してより新たな指導を開始する。

2005年7月
「タイ・マッサージバイブル」の本ビデオを出版。
2003年1月
日本ルースィーダットン協会(旧日本ルースィーダットン協会)を設立後、ルースィーダットンの指導を開始する。
2002年3月
BABジャパンより、微笑みの国からの贈り物「タイ・マッサージ」の本とビデオを出版。
2001年9月

30数回タイを訪問してタイマッサージを受けた経験と、チェンマイ・ブンタトゥック北方伝統病院タイマッサージスクール、バンコク・ワットポータイ伝統医学学校にてタイマッサージとフットマッサージ、ベビー・インファントマッサージなどを学び、日本タイマッサージ協会を設立し、タイマッサージの講習会と施術を開始する。

2001年3月
ワットポー・タイ伝統医学学校にて、プリーダ・タントロンチィット校長よりルースィーダットンを学び、バンコク国立図書館に現存する80種類のルースィーダットンの翻訳文を授与され、日本でルースィーダットンを広めるようにアドバイスを受ける。
1991年より
フジテレビ「もっと自由な生活」、TBSテレビ「ビックモーニング」、東京12ch「健康堂本舗」、日本テレビ「目覚ましテレビ」等に出演し、健康に関しての情報を提供。
1991年
医道の日本社主催のもと、ソンバット・タパンヤ氏を招き、日本で初めての「タイ式マッサージセミナー」を開催し、全国から受講者が集まる。
1988年
ソンバット・タパンヤ氏よりタイマッサージを学び、タイマッサージをもとに「スーパー・ストレッチング・エクササイズ」を発表。「過労死に勝つ」とビデオ「スーパー・ストレッチング」を出版。

 

 

コース内容を見る
無料体験お申し込み
受講のお申し込み

 

このページのTOPへ